2015年03月29日

ポセイドン ウニ丼


八戸市のお隣り、階上町の
DSCF8724.JPG
ポセイドンに行ってきました。
DSCF8727.JPG
階上の道の駅のすぐ近くのかなり
広いお店です。

当地方の方でなければ
うに丼と聞けば、彦摩呂などの
グルメリポーターが
よく食べている生ウニがどっさり
乗った丼を想像するかも知れませんが、
DSCF8729.JPG
青森地方ではあの丼は
「生ウニ丼」と呼び、
DSCF8732.JPG

DSCF8733.JPG

生がつかずにウニ丼と呼ぶと
「うに入り玉子丼」のことを
指して区別します。
とくに、ここのお店が
ある階上地方は
ウニの有名産地ですから
生ウニの時期でなくても
ウニが食べられるということです。
ただ、やはり産地といえど、
生ウニ丼は2,000円は超える
ことが多いので、
庶民はもっと安価に食べられる
ウニの玉子とじを食べるのですよ。
DSCF8739.JPG
トロトロの卵でとじたウニの甘さは
絶品。
DSCF8741.JPG
ただ、ウニ丼、おいしいけれど、
ウニの値段が高いから
ウニ丼の値段も高くなるだけで、
目新しさというか、
値段に匹敵する感動は
なかったです。
DSCF8736.JPG
(今は500円だから許せるけど、
本来は1,160円ですからね。)
DSCF8743.JPG
生ウニのインパクトは
もちろん期待していませんが、
いくら蒸しウニにしても、
短調な味が続くので
おいしくても飽きます。
おしんこが数枚ついていましたが、
ちょっと足りない。
紅生姜などの舌をリセットするものが
あれば又、違った感想になると思います。





posted by ESE at 20:32| 青森 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | ランチパスポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ウニ入り玉子丼、食べたことないです。
500円だったら、食べてみたいけど・・・
本来のお値段なら、ごにょごにょ。。。
Posted by りりり at 2015年03月29日 21:22
卵でとじたウニ丼って食べた事が無い気がします(^^;;
若干ウニがすくないような…クーポンバージョンとかあるんですかね(^◇^;)
先に見せないで注文したら、普通に出しちゃったと言われたとか言われないとか…!(◎_◎;)
Posted by はふり at 2015年03月29日 22:01
あなたは、医者ではありませんよね。そんなことはいわれたくありませんね。行く必要がありませんもの。そういうのなら、ご自分が心療内科に行ってみては如何ですか。
Posted by at 2015年03月30日 18:53
お名前未記入さん、そうですね・・・。
精神科の受診はハードルが高いだろうと思って心療内科をお勧めしたのですが、
いきなり病院に行くのにはやはり抵抗があるかも知れませんね。
でも、心療内科に通っている方は、病気の相談に行っているだけではなく、
不眠や不安を和らげてくれるお薬を処方されている方も多いです。
夜も眠れない、食欲がない、体が動かない、
何に対してもやる気がおきない、等の症状があれば
受診したほうが良いですよ。
診療所や先生の方針、個人の症状の重度によっても異なりますが、
どの療法を取るにしても、本人の抱えている苦しみをきっちりと吐き出し、
先生に聞いてもらうことは共通です。話を聞いて貰えるだけでだいぶ違いますよ。
その中で、とにかく症状を緩和した方がいい場合に、薬を処方されることがありますよ。
Posted by ESE at 2015年03月30日 21:16
りりりさん、こんばんは♪
ウニ丼が1コインならお得だけど、1,160円だとちょっと高いです。
普通の値段でもせめて1,000円には抑えて欲しい内容のウニ丼でした。
Posted by ESE at 2015年03月30日 21:18
はふりさん、こんばんは♪
うーん、笑い話のような、リアルにありそうで笑えなさそうな・・・  ^^;
のすけさんの言っていることももっともだし、実際、私も松膳に行った時にはランパス、
お店にとって良いことがないだろ、とも思いました。
でも、外食を趣味としている私にはありがたい本であることは確かですね^^
Posted by ESE at 2015年03月30日 21:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。